未処理ウイルス、流し台に廃棄 遺伝子実験で熊本大

00001

熊本大(熊本市)は23日、遺伝子組み換え実験で使ったウイルスを滅菌せず、誤って実験室の流し台に捨てたと発表した。ウイルスに病原性はなく、貯留槽内で薄められ、下水道への流出はないとしている。

遺伝子組み換え生物使用規制法は、拡散防止のため、遺伝子を組み換えた生物は熱や薬品で死滅させて廃棄するよう義務付けており、熊本大は「再発防止に努める」としている。

24歳なのにすでに愛人顔がソフマップ

大学院の生命科学研究部によると、2月26日、ウイルスを遠心分離した後の上澄み液約50ミリリットルを処理前に誤って流し台に廃棄した。ミスに気付き、約1時間後にウイルスを不活性化させる溶液を流し台に投入した。

西原村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする